1万円を泣く泣くキャッシングする貧乏な私

30代後半でインターネット関係の仕事をしているMです。

私の人には言えない悩みは、年齢の割にはかなり貧乏です。

というか公言していますが、諸事情が重なって、ほそぼそとアルバイトにいそしむしかないという立場です。

私ができる仕事はインターネットでライターとして記事を書くことが第一です。ほかにもやってることはありますが。

それもやる気が乗ってるときはまだ3,000円以上くらいは余裕なのですが、やる気が失せたり別のことをしていたりすると、精神的に疲れたり駄目になって、1日に1,000円も稼げないことがあります。1日に1,000円というのは最低時給をはるかに下回ってますね^^;(時給にしたら150円くらいでしょうか・・・)

そうなるとほんとに自分は駄目なやつだと落ち込むよりありません。ストレスに感じているのは、つねに毎日いくら以上稼がないと生きていけないという、自分の中のノルマと隣り合わせであることです。

最近特に悩んでいるのは、仕事量を多くこなしているのに報われないことについてです。もうちょっと時給的にあがってくれないかなあ等と考えています。( 一一)

仕事上での失敗してしまった最近の経験ですが、ライターとしてある仕事をしていたときのことです。

クラウドソーシングのお仕事紹介サイトなのですけど、これにライターとして登録していると様々な案件が日々紹介されます。

記事の中に情報量をつめこんで、たっぷり1時間かけ1,000文字以上書いて、さて送信しようと意気込んで送信ボタンを押しました。

するとすでに別の誰かが送信済みで、時給1,000円の仕事を完全に無駄にしてしまったのです。これはさすがに精神的にこたえてしまい、その日の仕事はもうやる気が失せました。(・∀・)

本来なら募集件数とその作業に着手している人の数が分かるステータスを見れば良かったのですがうっかり見落としてました。

こんなこともありました。今月はずいぶんと頑張ったほうだなーと思ったら、給与の支払いが滞っていたので、結局は半分の額しか入らなかったのです。

それでその月の生活費は手元の金を使うより無く、当然ながら買い物もかなり控えめにしておこうと考えました。ところがそういう月に限って思いもよらぬ出費が重なるようになっているのか、通常より1.5倍くらいの支出になってしまったりするのです。とにかく裏目に出る事が多いから不思議です。(╯°□°)╯︵ ┻━┻

こうなるともうキャッシングに頼るしかありませんが、本当に最低必要な少額しか借りないようにします。私の場合、1万円か2万円です(多くのキャッシング会社の最低利用額は1万円からになっています)。